失敗しない注文住宅メーカーの選び方~大阪八尾編

その4.図面確認

注文住宅発注後に、見積書と同時に渡される設計図面(ラフプラン)。「実は見てもよくわからない…」という方も少なくないかも知れません。

ここではラフプランのチェックポイントを紹介します。せっかくあれこれ考えた末にかたちになった図面ですから、後で困らないようにがんばってチェックしましょう。

ラフプランのチェックポイント

配置図(敷地内での建物の位置を表した図面)

  • 方位(道路の位置)
  • 隣家の位置と距離
  • 敷地の形状・高低差
  • 車や自転車の出し入れはスムーズか
  • 接道から玄関へと続くアプローチの状態

平面図(間取り図)

  • 打ち合わせの内容はしっかり反映されているか
  • 部屋の広さや配置、収納の大きさ
  • 各部屋への動線(キッチンからバス・サニタリー、寝室からトイレなどは短い動線で行き来できた方が便利)

立面図(建物の外観・東西南北の4面を表した図面)

  • 外観や屋根の形状をチェック
  • 開口部の種類(雨戸や格子の有無など)
  • バルコニーの位置や形状を確認

断面図(建物を縦に切断して内部の断面を表した図面)
※平面図と併せて見ると、立体的にイメージできる

  • 地盤面から1・2階の床までの高さ
  • 軒の出や高さと建物の最高高さ
  • 天井の高さ
  • 上下階の関係

平面詳細図(実施設計の段階で平面図を詳しく尺度をあげて書く図面)

  • 屋内の高低差(階段の踏み面・けあげ寸法なども)
  • 持ち込み家具や家電製品などの寸法(完成後に入らないということもあるので注意)
  • フローリングの張り方の方向

展開図(部屋の内部から見た東西南北の壁面を表す図面)
※天井の高さや開口部の位置、造作家具、スイッチやコンセント、リモコンの位置などを記載。平面図と併せて見ると、立体的にイメージできる

  • 天井や開口部などの高さ
  • 設備機器類の高さや位置など
  • 持ち込み家具の高さや奥行き

設備図(電気設備図、給排水設備図、換気設備図など)

  • それぞれの設備器具の位置と種類(機種)
  • 照明・設備関係では、配線計画(どこでON/OFFできるか)の確認を
  • 屋外防水コンセントの位置や給水栓の位置