失敗しない注文住宅メーカーの選び方~大阪八尾編

HOME » 注文住宅を建てる前に覚えておきたい3つのこと

注文住宅を建てる前に覚えておきたい3つのこと

このカテゴリでは、住宅の工法や家づくりの流れなど、注文住宅を建てる前に知っておきたい基礎的な知識についてまとめています。八尾で注文住宅を建てようと考えている人は必見の情報です。

子どもを孤立させない住宅スタイル

こだわりを生かした住宅スタイルについても紹介していますが、お子さまがいるご家庭では子ども部屋をどうしたらよいか悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

例えば、お母さんは仕事で子どもは塾通いといった環境の場合、どうしても親子間の交流が減ってしまいがちですよね。そんなご家庭こそ、子どもを孤立させない間取りや動線にこだわりましょう。

2階に上がる階段はリビング内につくる、リビングを吹き抜けにして、子ども部屋にはその吹き抜けを見下ろせる小窓をつくるなどの工夫で、個室を与えていてもお互いの気配を感じられる空間作りが可能です。

また、リビングの一角に子ども用の書斎をつくってしまう方法も、家族の交流を深めるために有効です。

いつもお子さんにお母さんの目が届く、明るい家づくりを考えたいですね。

住宅工法の種類

日本での家づくりはいろいろな工法が採用されています。注文住宅づくりで用いられる代表的な工法の特徴と、メリット・デメリットを知っておきましょう。特に最も主流である在来工法(木造軸組工法)は八尾市でも多く取り入れられているので、どのような工法か覚えておくと良いでしょう。

注文住宅を建てる時の工法について詳しく見る

家づくりの流れ

注文住宅の家づくりの流れはまずは敷地調査から始まります。建物着工、上棟、中間検査、完了検査を経て、引き渡し(入居)となります。家づくりの流れはどのメーカーでも同じですが、選ぶ工法やローンなどによって若干変わってくるので気を付けましょう。

注文住宅を建てる時の流れについて詳しく見る

こだわりたいポイント

家づくりにおいてこだわりたいポイントは人それぞれ異なります。例えばデザイン住宅、環境重視の自然素材住宅、地震でも安心できる耐震住宅、防犯性を重視する防犯住宅など、こだわりの住宅で毎日を楽しく暮らしたいものです。

注文住宅を建てる時のこだわりについて詳しく見る